2021年 行動が変わった本 3選(その後の経過あり)

読書

今年10月から「読書を行動」にを合言葉に
Twitterでアウトプットしてきました。

その中でも特に行動が変わったと
思える本を3冊ご紹介します。

① 非常識な成功法則

立てた目標と効果をいくつか

・お金を気にせず生活したい
 ⇒ 本業で給料を上げたい
   副業で少しでもお金を稼ぎたい
   そのモチベーションになっています。

・死ぬまで健康でいたい
 ⇒ 暴飲暴食をしなくなる。

・ゆっくり考える時間が欲しい
 ⇒ 何となく付いているテレビを消して
   考える時間に使う。

・新しいことを学んでいたい
 ⇒ 読書tweetで毎朝アウトプット。

「ただ書いたメモを朝10秒見るだけ」
これで無意識に行動が変わっていきました。

他にも
「やりたくないこと」の「やりたいこと」
を明確にして紙に書く

自分の命があと半年しかなかったら、
いったい、何をやらなければならないのか?

など、全て「書き出すこと」で
自然と行動が変わっていくことを
実感できた一冊。おすすめです。

② 世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方

こちらの本は「何を仕事にしたいのか」を
具体的に探すときに非常に有効です。

著者自身、何冊も読んだ自己啓発本では
やりたいことが見つからず
試行錯誤の中から生まれたものなので
読者の悩みに寄り添って書かれています。

特に響いたのは「価値観」を明確にするという点。
私の価値観は以下の5つでした

自分が生きていく中での
優先順位は何なのかを
見える化してくれる貴重な一冊です。

実際の本のワークをするには相当時間が
かかると思いますが、得られるものは大きいです。

私も実際にやりたいことを見つけて
現在コツコツと準備中です。

経過報告


👆落ちたけどいい経験になりました!

③ やめる時間術

前述のやりたいことをやるには
時間がいるんです。
「日々の生活に追われて時間がない」
そんな方には間違いなくおすすめの一冊。

著者のワーママはるさんは
音声メディアVoicyの
トップパーソナリティです。

発信をしながらお子さん二人を育てて
会社員としてフルタイムで働かれていました。

過去形なのは現在はご自身のヨガサービスや
不動産投資などで経済的に自立して
会社には頼らない生き方をされているからです。

そんなはるさんの時間に対する向き合い方を
学ぶことができます。

いくつか挙げると
・24時間のタイムログをつける
・意思に頼らない仕組みを作る
・コントロール可能か不可能かを判断する

いずれもかなり大変です。。。

タイムログは何度も挫折しましたが
あせらず毎日取り入れることで今では
かなり粒度が上がっています。

タイムログの山

はるさんの放送を聞いたことがない方は
ぜひ一度聞いてみてください

まーかっこいいです
男性リスナーが多いのも納得
https://voicy.jp/channel/862

3冊紹介してきましたが
共通しているのは

自分が何を大切にするのかという点。
今の私は

「贅沢に興味はないけど、
お金で苦労はしたくない」

ということが大切な価値観になっています。

そのために何ができるのか。
2022年も試行錯誤しながら
一歩一歩歩んで行きます。

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

皆さんの「行動」につながる
きっかけになれば幸いです。

コメント